販促・配布ノベルティとしての風呂敷

販促・配布ノベルティ風呂敷の特徴
訴求効果を高める為として風呂敷

株式会社アールテック・ウエノ様
http://www.rtechueno.com/index.html

企業様の販売促進の為の名入れSPグッズとしてやイベントなどの訴求効果を高める為にオーダーメイド名前入れノベルティとして配布すると言うオーダー用途でも名入れ風呂敷は製造人気が高まってきております。

こちらのオーダー名前入れの製造用途は大量ロット作成のオーダーメイド依頼が多い為に価格コストパフォーマンスとクオリティのバランスがある化学繊維素材のプリントの、ご提案を当専門店の「風呂敷工房」では通販価格にてさせて頂いておりますが、綿素材や不織布での名前入れ作成される事もあるオーダーメイド製造用途です。

コストを下げるポイント 詳細はこちら
コストダウンのポイント

コストを重視した風呂敷へのこだわり

販売促進を目的とした、ノベルティやSPグッズは、品質よりも、訴求力の高いデザインの風呂敷を、激安製作が行えるかが重要視されています。そこにはどんな理由があり、こだわりがあるのかについて、こちらでは、ご紹介させて頂きます。

制作のコスト削減は、色数とサイズで決まる
販促ノベルティグッズとして、オリジナル作成する際、コストを出来るだけ安く仕上げたいものです。その為、色数と製作サイズの事を考え、特注オーダーして頂く事になります。減らせる部分を減らすことで、価格は下がります。
色数を減らすことで、より格安な風呂敷作成出来る
販促用に、無料配布を行うSPグッズやノベルティグッズは、色数の増減により、価格が変動するプリント方法を用いて、オリジナルふろしき制作が行われる事が多く、必然的に、その色数を減らす事で、コストを下げる事が出来ます。
サイズを小さくすることで、より激安価格で製作出来る
オーダー風呂敷は、サイズが小さくなるほどに、作成費用は安くなります。その為、今現在、お考えの大きさより、一回り小さくする事で、コストの面は軽くなり、販促品は、なるべくは使い易い大きさで、制作される事をオススメします。
  • お見積りへスタート